【C言語】
reallocのエラー処理でよくあるメモリリーク

realloc失敗

(error) Common realloc mistake: ‘p’ nulled but not freed upon failureera

エラー:reallocに失敗したが古い領域は解放されていない[(error)memleakOnRealloc]

■新旧ポインタが同じ間違い

#include    <stdlib.h>
int main(void) {
    void    *p = malloc(256);
    if(p == NULL) {
        return  1;
    }
    //
    //~
    //
    p = realloc(p,1024);//よくある間違い新旧ポインタが同じ 
    if(p == NULL) {
        return  1;      //ここでメモリリーク発生
    }
    free(p);
}

p = realloc(p,1024);のようにrealloc()の第一引数と戻り値の変数を同じにしてはいけません。
realloc()失敗時に古い領域を指すpがNULLに上書きされるので古い領域が解放不能になります。

■古い領域を参照する間違い

warning: Use of memory after it is freed

警告:解放後メモリ参照
[unix.Malloc]

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
int main(void)
{
    char *oldp = malloc(100);
    strcpy(oldp,"ABCDE");
    printf("昔:%s\n",oldp);

    char *newp = realloc(oldp,300);
    if(newp != oldp){
        printf("確保し直したメモリが違うアドレスだった\n");
        memcpy(newp,oldp,100);//★ダメ
        free(oldp);      //★ダメ
    }
    printf("今:%s\n",newp);
    free(newp);
    return 0;
}

realloc成功時の
古い領域から新しい領域へのデータの引っ越しと
古い領域の解放は
realloc関数がやるのであって
プログラマが自分で書いてはダメです。

手元のLinux環境では free(): double free detected in tcache 2
とエラーを吐いて異常終了しました。

参考:

ERR33-C. 標準ライブラリ関数のエラーを検出し対処する