【C言語】
構造体を代入する方法
構造体コピーにmemcpyは必要ない

構造体の代入

■構造体を代入する例

#include    <stdio.h>
typedef struct {
    int     x;
    int     y;
    int     z;
} tag_a ;
int main(void)
{
    tag_a   転送元 = {1,2,3};
    tag_a   転送先 ;

    転送先 = 転送元;//★OK同じ種類の構造体代入
    
    printf("%x\n",転送先.x);
    printf("%x\n",転送先.y);
    printf("%x\n",転送先.z);
}

同じ種類の構造体は一発で全部代入できます。

■個別代入でメンバーを間違えた例

(warning): Redundant assignment of ‘dst->y’ to itself.

警告:自身への冗長代入[(warning)selfAssignment]

#include    <stdio.h>
typedef struct {
    int     x;
    int     y;
    int     z;
} tag_a ;
int main(void)
{
    tag_a   転送元 = {1,2,3};
    tag_a   転送先 = {0};

    //★NG:同じ種類の構造体代入でメンバをいちいち指定
    転送先.x = 転送元.x ;
    転送元.y = 転送元.y ;//★間違い
    転送先.z = 転送元.z ;
    
    printf("%x\n",転送先.x);
    printf("%x\n",転送先.y);
    printf("%x\n",転送先.z);
}

構造体の内容を全部コピーする時は
メンバーをいちいち個別に
代入してはいけません。

メンバを間違えたり、代入が抜けたりしてしまいます。


■異種類構造体転送で間違えてmemcpyを使った例

#include    <stdio.h>
#include    <string.h>
typedef struct {
    int     x,y,z;
} tag_a ;
typedef struct {
    short   x,y,z;
} tag_b ;

int main(void)
{
    tag_a   転送元 = {0x11111111,0x22222222,0x33333333};
    tag_b   転送先 ;

    //★NG:異なる種類の構造体代入でmemcpy()を使用不可
    memcpy(&転送先,&転送元,sizeof(転送先));
    
    printf("%x\n",転送先.x);
    printf("%x\n",転送先.y);
    printf("%x\n",転送先.z);
}

異なる種類の構造体をmemcpyで転送すると
メンバの位置が違う場合事故となります。