【C言語】
未使用変数
/*削除開始*//*削除終了*/と
2行増やすのは止めよう

古いコードを残すのは止めよう

warning: unused variable

警告:未使用変数 ‘yagni’
[-Wunused-variable]


■コメントを2行増やすのを止めよう

/* 削除開始 */ ⇦ コメントを追加しないで
// 削除: int unused_variable ; この行を削ろう
/*削除終了*/  ⇦ コメントを追加しないで

/* 削除開始 */と/*削除終了*/のコメントで
2行増やさず未使用変数の1行を削りましょう。

■未使用変数は単に削除しよう

int main(void){
    int used,it,a,Long,time,ago;//昔使った
    int may,use,It,someday;//いつか又使うかも
    int copipe = 0 ;//コピペしたけど使わない
}

不要な変数はどんどんコードから削除しましょう。
不要な物がなくなるとそれだけコードの見晴らしが良くなります。
いつか使うかもと大事に残しておく人も多いですが、
経験的に未使用変数が後で役に立つ事はありません。

この警告は不要変数を削除するだけでアルゴリズムの修正は無いので比較的簡単に修正できます。
自分で作ったプログラムでは必ず対応しましょう。


■古いコードを残すのは止めよう

int main(void){
    /*静的解析ツール対策  開始
    int used,it,a,Long,time,ago;//昔使った
      静的解析ツール対策  終了*/
    
    /*コンパイラ警告対策 START */
    //int may,use,It,someday;//いつか又使うかも
    /*コンパイラ警告対策 ENDS */
    
    #if 0   /* 削除開始 */
    int copipe = 0 ;//コピペしたけど使わない
    #endif  /* 削除終了 */
}

本来コンパイラや静的解析ツールの警告に従い
不要コードを削除すると
コードは綺麗になりますが、
上記のような修正をするとコードはどんどん汚れてしまいます。

これは掃除をすればするほど部屋が汚れていくようなもので
何のために掃除をしているのか分からなくなります。
不要な変数を削除しないでこのようにコードを残す修正は絶対にしてはいけません。


またこのような修正履歴コメントには、
コンパイラ警告対策 とか
静的解析ツール対策 とか
まるでゴジラを迎え撃つ自衛隊のような
”~~対策”のコメントがよくありますが、
コンパイラを敵視したり、
コンパイラと喧嘩するのは止めて
コンパイラをうまく使いましょう。


■アンケート

6
古い不要なコードはコメントで残しますか?