【C言語】
四則演算しかできない簡単な電卓

根性のない電卓 四則演算の基本

このコードは手抜きです

・ゼロ割り算を回避していません。
・1+1は出来ますが、1+1+1は出来ません
・+-*/の四則演算しか出来ません
・演算子が2文字以上の考慮はしていません(<<とか)

このコードで学習できること

・switch文の複文(マルチステートメント)
・標準入力終了判定
・空行判定
・sscanfに字句解析をお任せする

根性のない電卓プログラム

#define     _CRT_SECURE_NO_WARNINGS 1
#include <stdio.h>
int     calc(int num1,char op,int num2){
    switch(op){
    case    '+':    return  num1+num2;
    case    '-':    return  num1-num2;
    case    '*':    return  num1*num2;
    case    '/':    return  num1/num2; 
    }
    fprintf(stderr,"未サポートの演算子 %c\n",op);
    return  -1;
}
int main(void){
    printf("Ctrl dか空行で終了\n");
    for(;;){ 
        printf("数字 演算子 数字を入れてね");
        char    buf[BUFSIZ];
        if(fgets(buf,BUFSIZ,stdin) == NULL){
            break;      //標準入力終了でループ終了
        }
        if(buf[0] == '\n'){
            break;      //空行でループ終了
        }
        int     num1,num2;
        char    op;
        int     ret = sscanf(buf,"%d %c %d",&num1,&op,&num2);
        if(ret != 3){   //3単語無い時は再入力 
            continue ;  //ループ続行 
        }
        printf("答え %d\n",calc(num1,op,num2));
    }
}

コンパイル&実行してみて下さい。

根性のある人は

「C言語 逆ポーランド記法」でググって実装してみて下さい。

聖典書籍 「プログラミング言語C」では、
逆ポーランド記法が詳細解説されています。

コーディングルールに従った四則演算

int     calc(int num1,char op,int num2){
    //変数宣言
    int     ret ; 
    //とりあえず初期化
    ret = 0; 
    //複文禁止、関数出口は一つ,case は一段字下げ
    switch(op){
        case    '+':    
            ret = num1+num2;
            break;
        case    '-':    
            ret = num1-num2;
            break;
        case    '*':    
            ret = num1*num2;
            break;
        case    '/':    
            ret = num1*num2;
        default:
            fprintf(stderr,"未サポートの演算子 %c\n",op);
            ret  -1;
            break ;
    }
    return  ret ;
}


わかりやすいですか?
ちょっと2か所バグってるの分かりますか?

コーディングルールで複文(マルチステートメント)を禁止している
プロジェクトは多くありますが、
がちがちにルールで縛ると
このようにコードがわかりにくくなる場合があります。