【C言語】
sscanf関数の正規表現でcsvを解析する

sscanfと正規表現

sscanfの正規表現使用例

//
//  郵便番号から住所を表示するプログラム
//		2023/05/03	作者:柴ONE
//					
#include 	<stdio.h>
#include 	<string.h>
#include 	<stdlib.h>
#include 	<stdbool.h>

//https://www.post.japanpost.jp/zipcode/dl/oogaki-zip.html
//https://www.post.japanpost.jp/zipcode/dl/readme.html
void 郵便番号から住所表示(FILE *fp,char *郵便番号)
{
	bool	検出 = false ;
	char 	buf[BUFSIZ];
	while (fgets(buf, BUFSIZ, fp) != NULL) {
		char csv[10][128];	//csv[0]は捨てる
		int ret = sscanf(buf,
            "%[^,],"		//csv[1]	,以外の単語,
			"%[^,],"		//csv[2]
			"\"%[0-9]\","	//csv[3]	"数字列",
			"%[^,],"		//csv[4]
			"%[^,],"		//csv[5]
			"%[^,],"		//csv[6]
			"\"%[^,\"]\","	//csv[7]	",と\"以外の単語",	
			"\"%[^,\"]\","	//csv[8]
			"\"%[^,\"]\"",	//csv[9]
			&csv[1][0],
			&csv[2][0],
			&csv[3][0],	//郵便番号(7桁)
			&csv[4][0],
			&csv[5][0],
			&csv[6][0],
			&csv[7][0],	//都道府県名
			&csv[8][0],	//市区町村名
			&csv[9][0]	//町域名
        );
		if(ret != 9){
			fprintf(stderr,"形式異常 %s\n",buf);
			continue;
		}
		if (strcmp(&csv[3][0], 郵便番号) != 0){
			continue;		
		}
		printf("住所:%s%s%s\n", 
			&csv[7][0], 
			&csv[8][0], 
			&csv[9][0]
		);
		検出 = true;
		break;
	}
	if(!検出){
		fprintf(stderr,"郵便番号 %s は見つかりませんでした\n",郵便番号);
	}
}
void	郵便番号入力(char *postnum)
{
	printf("郵便番号をハイフンなしで入れてね: ");
	int 	ret = scanf("%s",postnum);
	if(ret != 1){
		fprintf(stderr,"郵便番号異常\n");
		exit(1);
	}
	if(strlen(postnum) != 7){
		fprintf(stderr,"郵便番号異常 %zu桁 != 7桁(%s)\n",
			strlen(postnum),
			postnum);
		exit(1);
	}
}

//KEN_ALL.CSVは Shift_JIS なので
//	linuxの人は次の変換をしてね
//	nkf -w KEN_ALL.CSV      >  KEN_ALL.CSV.utf8
//	Windwosの人は
//	"KEN_ALL.CSV.utf8"ではなくて"KEN_ALL.CSV"のままでOK
FILE *郵便番号データファイル(void)
{
	const 	char *csvfilename = "KEN_ALL.CSV.utf8";
	FILE 	*fp = fopen(csvfilename, "r");
	if (fp == NULL){
		fprintf(stderr,"%s 開かん\n",csvfilename);
		exit(1);
	}
	return 	fp;
}
int	main(void)	
{
	FILE *fp = 郵便番号データファイル();

	char 		郵便番号[128];
	郵便番号入力(郵便番号);

	郵便番号から住所表示(fp,郵便番号);

	fclose(fp);
}

コピペしてコンパイル&実行してみて下さい。